日記



今回Bluetoothレーザー・マウスが必要になって、安いマウスが出ていたので買ってみた。
マウスは、Microsoftかロジクールと決めているので、それ以外はダメ元のワゴンセール特価品しか買ったことはない。しかし、今回は使い捨てでも良いかとやはり特価品をかった。
レノボ・ジャパンでは、「2014年3月1日(土)・2日(日)の2日間限定」で特別クーポンを配布している。
それで安くなっているものは、

マウス《60%OFF》の期間限定特別クーポン!============◆□
 ◎クーポン・コード  : JPAF0302
 ◎クーポン対象商品  : 下記対象のマウス 5商品
              ⇒ 販売価格からさらに《60%OFF》!
 ◎クーポン有効期間  : 2014年3月1日(土)・2日(日)の2日間限定

*********************************************

 ▼▼特別クーポン対象商品▼▼
■Lenovo ワイヤレス・レーザーマウス (0A36188)
・持ち運びに便利な小型設計
・左右どちらの手でも使いやすいデザイン
・一般的に想定されるどのような表面でも使用が可能、
 マウスパットなしでも快適な使用感
・マイクロサイズUSBレシーバーは未使用時に本体への収納が可能
・質量 : 約108g(電池を入れた場合)
  -------------------------------------------
販売価格:\3,574-
 ⇒期間限定特別クーポンでさらに《60%OFF》:\1,430-




レノボ・ジャパン Lenovo ワイヤレス・レーザーマウス 0A36188




Amazonでの価格はこちら・・・・▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
 
■ThinkPlus オプティカル・ホイール・マウス(ミニ)II (31P7410)
・トラックボールを使用しない光学式マウスで、800dpiをサポートし、
 抜群の正確さと精密な操作性を提供
・軽量コンパクト、マウスパッド要らず
・使用時にホイールマウスが赤く光るデザイン
・画像処理など細かい操作を要求されるThinkPadユーザーにお勧めのマウス
  -------------------------------------------
 販売価格:\2,608-
 ⇒期間限定特別クーポンでさらに《60%OFF》:\1,043-


■Lenovo USBレーザー・マウス (41U3074)
・光学マウスを超える快適な操作感を提供
・解像度: 2000 dpi (ユーザー設定可能 : 1600, 800, または400 dpi)
・フルスピードのUSB対応
・右手操作でも左手操作でも使用できるデザイン
・4方向対応のチルト・ホイール
・カスタマイズ可能なチルト・ホイールとマウス・ボタン
  -------------------------------------------
販売価格:\3,574-
  ⇒期間限定特別クーポンでさらに《60%OFF》:\1,430-


■ThinkPlus USB オプティカル ホイールマウス (06P4069)
・3ボタンマウス : 左右標準ボタン+中央ホイールのボタン機能
・スクロールポイント : スクロールポイントによるスクロール機能
 質量 約94g
------------------------------------------------
販売価格:\1,352-
 ⇒期間限定特別クーポンでさらに《60%OFF》:\541-


■ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス (0A36407)
・解像度1200 dpi
・低電力モードに自動的に切り替わるアドバンスド・パワーマネージメント・
 システム
・左右どちらの手でも使いやすい形状
・4方向スクロール対応のチルトホイール
・ブラックカラーでThinkPadシステムにもマッチ
  ------------------------------------------------
販売価格:\4,444-
   ⇒期間限定特別クーポンでさらに《60%OFF》:\1,778-


***********************************************



ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス (0A36407)






このうち買ったのが、ThinkPad Bluetoothレーザー・マウス (0A36407)でAmazonでは
3,000円近くの値段を付けているもの。


Amazonの価格▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼▼





レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth レーザー・マウス 0A36407




すべて送料無料なので、1,778円。






<iframe allowtransparency="true" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2775002&amp;pid=881821537" marginwidth="0" frameborder="0" height="250" scrolling="no" width="300"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2775002&pid=881821537"></script><noscript></noscript></iframe>


その他、パソコンは
▼注目キャンペーン▼━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━
(1)ThinkPadは《最大30%OFF》、デスクトップも《最大25%OFF》の大幅割引!
─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─
 対象製品購入時に、クーポン適用で割引が適用されます。
 ■週末限定クーポン
  ●ThinkPad X/T/Wシリーズ
  ・PC本体価格が《17万円以上》 → PC本体価格をさらに《30%OFF》
  ・PC本体価格が《17万円未満》 → PC本体価格をさらに《25%OFF》
  ●ThinkPad Yoga        → PC本体価格をさらに《20%OFF》
  ●ThinkPad Helix       → PC本体価格をさらに《15%OFF》
  ●ThinkPad Tablet 2      → PC本体価格をさらに《10%OFF》
  ●ThinkPad 8         → PC本体価格をさらに《5%OFF》
  ●ThinkPad Edgeシリーズ / Eシリーズ / L シリーズ
  ・PC本体価格が《7万円以上》  → PC本体価格をさらに《15%OFF》
  ・PC本体価格が《7万円未満》  → PC本体価格をさらに《10%OFF》
  ●短納期モデル        → PC本体価格をさらに《15%OFF》
  ●ThinkCentre M93 Tiny/M93z/E93z
                 → PC本体価格をさらに《25%OFF》
  ●ThinkCentre M93 SFF Pro/M93 Mini-Tower/M73z/M73 Small/M73 Tiny
                 → PC本体価格をさらに《20%OFF》
  ●ThinkCentre ThinkCentre M73 Mini-Tower/M72e
                 → PC本体価格をさらに《15%OFF》
  ●ThinkStationシリーズ    → PC本体価格をさらに《30%OFF》
  ●周辺機器          → 周辺機器価格をさらに《40%OFF》
  (※保守サービス、モニター、モニター用アクセサリー、
    一部の周辺機器は対象外です)
  ●液晶モニター        → 販売価格をさらに《30%OFF》
  ※ThinkVision LT1953 Wide モニター、ThinkVision LT1712p Wideモニター
  ThinkVision LT1913p モニターは10%OFFとなります。
 ◎期間
  2014年3月1日(土)・2014年3月2日(日)の2日間限定


2014年3月6日(木)までの期間限定

■「ThinkPad X240」 - ハイパフォーマンス高解像度ディスプレイパッケージ
 CPU:インテル Core i7-4600U プロセッサー (2.10GHz) OS:Windows 8 (64bit) ディスプレイ:12.5型HD液晶 (1,920x1,080 IPS LEDバックライト) RAM:8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用) HDD:500GB (5,400rpm) ワイヤレス:インテル Wireless-N 7260 
------------------------------ 販売価格 :¥169,890-
▼上記構成をカスタマイズ
▼ 500GB ハード・ディスク・ドライブ, 7200rpm
 ------------------------------ 販売価格 :¥170,940-
 ★広告限定クーポン適用で30%OFF★
 -------------------------------- クーポン適用価格 :¥119,658-

┌─────────────────────────────────┐ 
《30%OFF》Core i7/8GB RAM/256GB SSD搭載の新しいThinkPad X1 Carbonは 

広告限定クーポン適用で《64,449円OFF》に!
└─────────────────────────────────┘
■「新しいThinkPad X1 Carbon」 - ハイエンドパッケージ
 CPU:インテル Core i7-4550U プロセッサー (1.50GHz) OS:Windows 8.1 (64bit) ディスプレイ:14.0型HD+液晶 (1,600x900 LEDバックライト) RAM:8GB PC3-12800 DDR3L (オンボード) HDD:256GB eDrive ソリッド・ステート・ドライブ ワイヤレス:インテル Wireless-N 7260
 ------------------------------ 販売価格 :¥214,830-
 ★広告限定クーポン適用で30%OFF★
 --------------------------------
 クーポン適用価格 :¥150,381-

■「ThinkPad T440s」 - ハイパフォーマンスパッケージ
 CPU:インテル Core i7-4600U プロセッサー (2.10GHz) OS:Windows 8 (64bit) ディスプレイ:14.0型HD+液晶 (1,600x900 LEDバックライト) RAM:8GB PC3-12800 DDR3L (4GBオンボード + 4GB) HDD:500GB (5,400rpm) ワイヤレス:インテル Wireless-N 7260
 ------------------------------ 
販売価格 :¥177,870
 ★広告限定クーポン適用で30%OFF★
--------------------------------
 クーポン適用価格 :¥124,509-


■「ThinkPad T540p」 - スペシャルパッケージ
 CPU:インテル Core i7-4800MQ プロセッサー (2.70GHz) OS:Windows 8 (64bit) ディスプレイ:15.5型3K液晶 (2,880x1,620 IPS LEDバックライト) グラフィックス:NVIDIA Geforce GT 730M RAM:8GB PC3-12800 DDR3L (1スロット使用) HDD:1TB (5,400rpm) 光学ドライブ:DVDスーパーマルチ・ドライブ ワイヤレス:ThinkPad IEEE 802.11 b/g/n ワイヤレスLAN (WiFi準拠)
 ------------------------------
 販売価格 :¥185,850-
 ★広告限定クーポン適用で30%OFF★
 --------------------------------
 クーポン適用価格 :¥130,095-

レノボサイトのクーポンを参照。







↓↓↓↓詳しくは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。






<iframe allowtransparency="true" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2775002&amp;pid=882524970" marginwidth="0" frameborder="0" height="90" scrolling="no" width="728"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2775002&pid=882524970"></script><noscript></noscript></iframe>




***************************************
HP ENVY 15-j100のレビュー概要と目的
***************************************

HP ENVY 15-j100という最新モデルが「高性能NVIDIA? GeForce? GT 750M グラフィックス」や「1TB SSDアシスト・ハードドライブ」などを新搭載して登場している。
この最新モデルは、外見上は従来のHP ENVY 15シリーズと全く変わらないようにみえる。
今回は、この見た目においても変わらないようにみえる新型の「HP ENVY 15-j100」がこの筐体も含めて大幅に改善されていることを紹介する目的である。
又、廉価版として「CPU、グラフィックス、HDD容量」などのランクを落としたモデルもあり2014/02/23現在では、
●HP ENVY 15-j130TX・パフォーマンス・フルHDモデル
●HP ENVY 15-j131TX・プレミアム・フルHDモデル
という品番になっている。
(尚、レビュー機は販売店からの貸出品である。)


**************************************
HP ENVY 15-j100の主要な仕様
●レビュー機は、グラフィックス強化版の
プレミアム・フルHDモデルである。
**************************************

*************************************************
■オペレーティングシステムWindows 8.1 (64bit)
■Core i7-4702MQ(4コア/8スレッド、2.2GHz/Turbo Boost:3.2GHz)(Launched)
■Intel HM87 Express
■15.6インチフルHDブライトビュー・ディスプレイ (1920×1080/最大1677万色)
■メモリ4GB  PC3-12800 (1600MHz)(●実機はSAMSUNG製)
■1TB ハードドライブ(5400回転)+24GB SSD(mSATA・実機LITEONIT LMS-24L6M)
(●実機はSeagate ST1000LM024 HN-M101MBB)
★HDDは、品番が(Laptop Thin SSHD)に似ているが、元SAMSUNG系のHDD

■NVIDIA? GeForce? GT 750Mグラフィックス
■DVDスーパーマルチドライブ非搭載
■バックライトキーボード(キーピッチ: 約18.7×18.7mm・テンキー付き)
■IDT HighDefinition Audio準拠、Beats Audio? クアッドスピーカー、サブウーファー、内蔵マイク
■LAN 内蔵Gigabit LAN (10/100/1000)、IEEE802.11b/g/n +Bluetooth
■SDカードスロット(実機・高速UHS-I対応)、HDMI出力端子×1、USB3.0×4 (うち1ポートは電源オフUSBチャージ機能対応)、ネットワークポート(RJ45)×1、ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート×1、HP TrueVision HD Webcam (約92万画素)、指紋認証
■リチウムイオンバッテリ(6セル)バッテリ駆動時間 約6時間
■マカフィー?リブセーフ (30日版)
■速効!HPパソコンナビ特別版
■Cyberlink YouCam 等
■パソコン保証1年間引き取り修理サービス
■380×250×18(最薄部)-33.0(最厚部)mm約2.3kg
*************************************************





**************************************
HP ENVY 15-j100の外観と変更点
**************************************





HP ENVY 15-j100は、2013年夏モデルのHP ENVY 15-j0xxと同じような筐体形状をしている。写真で見るとおり同じようにみえる。
ここで違うところは、液晶画面をより倒せることでこれによって光沢液晶の映り込みが劇的に減少する。
比較しているのはタッチパネルなので光沢が強く、比較するとよく分かる。





従い、キーボードやその他の筐体仕様もほとんど同じである。
パソコンの進歩は早いもので、HPのデスクトップ型パソコンのキーボードではWindows8に対応する「チャーム」キーなどが付いている。
このノート型パソコンの場合、筐体が夏モデルと基本的に変わっていないことから、まだ「Windows8」の特殊キーは付いていない。
















****************************************
HP ENVY 15-j100の基本性能
****************************************





*************************************
HP ENVY 15-j100起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
************************************






HP ENVY 15-j100
iconの起動時間は、Ultrabook並みに速い。
これは「mSATA」とRAID設定になっていて、SSD並の速度が出る。
ベンチマークソフトのデーターを見ると、HDDと比べて



「4K」15.94-31.87
「4K QD32」140.2-61.98

の部分が異常に速いことがわかる。

ここで参考に同じHDDを使う「HP ENVY17-j100 Leap Motion SE」の測定値を掲載して比較してみる。



「4K」0.363-0.764
「4K QD32」0.694-0.764

比べてみればSSD並とは言えないがいかに速いかが分かるであろう。




又、このHP ENVY 15-j100は、Windows8.1に最適化したBIOSにバージョンアップしたようである。
「Boot performance(Fast Startup)」は、従来の5秒前後からUltrabook並みの3.159秒と大幅に性能を上げている。





***************************************
参考・Boot performance(Fast Startup)
当サイトで購入したPC・レビュー機での実測値
****************************************


(全て初期状態)
HP ENVY dv7-7200/CT・・・・4.743秒・15.3秒
(OP・インテルCore i7-3720QMプロセッサー搭載)
HP ENVY TouchSmart 15-j000・6.445秒・16.8秒
HP Pavilion g6-2200(AMD)・・4.027秒・起動25~26秒
(2GB搭載メモリー不足)
HP ENVY Ultrabook 4-1100・・2.339秒・起動11.3秒
HP ENVY 17-j000/CT・・・・4.633秒・起動12.4秒
HP 1000-1402TU・・・・・・4.960秒・起動29.8秒
HP ENVY17-j100 Leap Motion SE・・5.658秒・起動17.8~29.5秒
************(レビュー機)
HP ENVY 15-j100・・・・・3.159秒・起動14.94秒



**********************************************
HP ENVY 15-j100の
NVIDIA? GeForce? GT 750M
グラフィックカード性能
******************************************



■HeavenBenchmark

FPS 9.7
Score 246
以前に
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.4)

NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7)*******
NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(10)
NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)





*****************************************************
HeavenBenchmark4 FPS(当サイトでの測定結果)
*****************************************************

 ・・・・NVIDIA? GeForce?GTX680(44.3~46.7)

(神の世界****)
40*****
 ↓
30****重いゲームでも快適
 ↓‥‥‥‥NVIDIA GeForce GTX 660(29.1~30.5)※
 ↓
25‥‥‥‥ELSA GLADIAC GTX 560 Ti mini(24.9)
 ↓‥‥……玄人志向・GF-GTX560-E1GHD/SHORT(22.0)
 ↓
20****軽いゲームなら快適‥‥玄人志向・RD-HD6870/OC(20.8)※
 ↓‥‥‥‥SAPPHIRE VAPOR-X HD7770 GHZ EDITION(19.4)
 ↓‥‥‥‥NVIDIA? GeForce? GT 755M・DDR5(15.1)
15‥‥‥‥玄人志向・GF-GTX650-E1GHD(14.9)
 ↓・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR5(12.5)
10・・・・NVIDIA GeForce GT 750M・DDR3(9.7~10)
 ↓・・・・NVIDIA GeForce GT 740M・DDR3(6.4)


*********************************************************
ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク
キャラクター編1920x1080
*********************************************************

NVIDIA GeForce GT 750M(DDR3)は、基本的に同じなのでBenchmarkの違いは従来の製品と違いない。








******************************************
★高負荷テストの結果検証
OCCT-4・4・0
*****************************************






本来デスクトップ型の自作機の筐体性能を測定するための負荷テストソフト、OCCTで1時間オートで測定してみた。
この結果は、CPU(Core i7-4702MQ(4コア/8スレッド、2.2GHz/Turbo Boost:3.2GHz))が定格の2.2GHzまで落ちて作動するのではなく、2.8GHzぐらいという最大ブーストから10%程度落としたところで作動した。
結果を見てみれば分かるようにCPUの温度は瞬間80℃を超えることがあっても大まか77℃ぐらいで作動して、平均で70℃程度のCPU温度で終了した。
こればゲーマーパソコン並の優秀な冷却性能であると思われる。









******************************************
SDカードスロット(実機・高速UHS-I対応??)
*****************************************


★「SDHC・SDXCメモリカードの高速転送規格「UHS-I」に対応しておりません。」とHPの仕様書には書かれている。
しかしながら、高速転送規格「UHS-I」に対応しているような速度は出ている。






**************************************************
HP ENVY 15-j100を使ってみての感想
**************************************************

HP ENVY 15-j100
iconは、筐体の形から単にWindows8.1になり、グラフィックスがNVIDIA? GeForce? GT 740Mから750Mに変わったくらいなものと考えていた。
しかし、筐体(きょうたい)も液晶の映り込み対策がなされ、BIOSも大幅なアップグレードをした。
それだけでなく、HDDとmSATAとのRAID設定によってSSD並みの起動を実現している。

HPでは、NVIDIA GeForce GT 750M(DDR3)という多少性能の落ちるグラフィックスカードを用いているために本格的なゲーム用パソコンというわけではない。
しかしながら、こういうスタイリッシュな薄型ノート型パソコンでありながら、かなり負荷をかけてもビクともしない冷却性能をもっている。

起動も動作も速く、多少ゲームも出来る性能は、動画編集からRAW現像までオールマイティに使える性能と言える。
又、「HP パソコンナビ」が附属して、Windows8.1の操作からRecoveryまで説明してくれるのは非常に有り難い。

昨年夏に買った「HP ENVY TouchSmart 15-j000」がかなり霞(かす)んでみえると思われる性能である。
多分、少し前のパソコンから買い換えると劇的な変化に驚くかもしれない。


その他の詳細は・・・・・

↓↓↓↓メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。





icon
icon


icon
icon















━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 1. 最新春モデルで新生活応援キャンペーン中!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ☆┬──────────────────────────────────────

  ││ノートPC

  ├┴────────────────────────────────────

  │HP Pavilion 15-n200(インテル)

     │スタンダードモデル・新生活応援キャンペーン≪500台限定≫

     └────────────────────────────────────☆

       持ち運びにも、レポート作業にも、

       便利な15.6型ワイドディスプレイ!高速処理で軽快操作。

       すっきりデザインが使いやすい、スタンダード・ノートPC

       <HP Directplus価格>¥56,700(税込)から





icon
icon






************************
概要及びレビューの目的
************************

レノボからノート型ゲーマーパソコンとしてIdeaPad Y510pが発売されている。
このノートPCが新たにグラフィックス強化版として「NVIDIA Geforce GT 755M」を採用してより本格的なゲーマーパソコンに変身している。
それだけでなく高性能パソコンの特徴として、Boot performance(Fast Startup)は、1.728秒というUltrabookでもあまり達成していない高性能の基本を示している。

ノート型ゲーマーパソコンの問題点は、高性能であるために発熱が多くその発熱をどうするかになっている。
一般的には、ゲーマーパソコンとしてかなり発熱しても問題がないように作られているので心配することはないと言われている。



**************************************
IdeaPad Y510pの主要な仕様
**************************************

●OS--Windows 8.1 (64bit)
■CPU--第4世代インテル? Core? i7-4700MQ プロセッサー (6M キャッシュ,動作周波数2.4GHz ターボ・ブースト利用時の最大周波数3.4GHz・ 4コア/8スレッド)
Intel? HD Graphics 4600
(Launched)Haswell(最大メモリーサイズ32GB)
■マザーボード-:モバイル インテル? HM86 Express チップセット
●メモリ-8GB(8GB×1)(PC3-12800 DDR3 SDRAM) / 8GB(実機はSAMSUNG製)
■HDD-1TB+8GB SSHD(5400rpm) (シリアルATA/2.5インチ)
(Laptop Thin SSHD)SEAGATE ・ST1000LM014 [2.5インチ SSHD HDD+SSD ハイブリッド]
●ドライブ--ブルーレイディスクドライブ(Blu-ray Disk書込対応)
●グラフィックカード;NVIDIA Geforce GT 755M
■ディスプレイ;LEDバックライト付 15.6型 FHD液晶(1,920x1,080ドット、1,677万色)、光沢あり ■2,048×1,536 ドット、1,677 万色(VGA 出力時)、1,920×1,080 ドット、1,677 万色(HDMI 出力時)
●カードリーダー : 6 in 1 メディア・カード・リーダー (SDメモリーカード、SD Pro、xDカード、マルチメディア・カード、メモリースティック、メモリースティックPro)
●LAN;     10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T/インテル? Centrino? Wireless-N 2230 b/g/n + Bluetooth 4.0
●McAfee LiveSafe 12
■オーディオ機能:マイクロフォン/JBL ステレオ・スピーカー、インテル? ハイ・デフィニション・オーディオ 準拠(Dolby Home Theater機能付き)
■電源ジャック、モニター(VGA)、HDMIポート、Powered USB2.0×1、USB3.0×2、RJ-45(LAN)、マイクロフォン・ジャック、ヘッドフォン・ジャック
●寸法(仕様書による)457.9x 7.4x 33.5cm
約2.7kg

*********************************************************
その他の詳しい情報はこちらを参照。




*********************************************
IdeaPad Y510pの外観
*********************************************




IdeaPad Y510pの外観は、いかにもゲーマーマシンを思わせる「赤」をポイントとしたものになっている。
従って、「赤く光るバックライト付AccuTypeキーボード」にもなっている。















その他ゲーマーマシンの特徴でもあるHDMI 出力の外にVGA 出力が、インターフェースとして設けられている。
ゲームをするときには液晶モニターを繋いだ方が使いやすく、HDMI 出力だと時としてモニターの貧弱なスピーカー出力になってしまうこともあり「VGA 出力」は有り難い。








****************************************
IdeaPad Y510pの基本性能
****************************************










*************************************
IdeaPad Y510p起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************




Microsoft Assessment ConsoleによるBoot performance(Fast Startup)は、1.728秒と今までレビューを書いたパソコンの中で最速であった。

同じくスリープ状態から立ち上がるSuspnd継続時間も1.396秒と極めて早い。
このようにIdeaPad Y510pは今までかって見ないような高速なパソコンである。






**********************************************
IdeaPad Y510pの
NVIDIA? GeForce? GT 755M 2GB DDR5
グラフィックカード性能
*****************************************







今までのレビューでテストしたことがないNVIDIA? GeForce? GT 755Mの性能はどうか・・・
750Mとあまり変わらないのではないかという予想に反して、思ったより高性能だった。
感じとしては、デスクトップ型のグラフィックカードと比べて「GF-GTX650」より少し上ぐらいではないだろうか。

又、HeavenBenchmarkではFPS15.1でNVIDIA GeForce GT 750Mが10~12.5であるのに対して大幅な性能アップであった。

■ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmark







その一方でCPUの温度は、ファイナルファンタジーXIV、HeavenBenchmark、バイオハザード、モンスターハンターなどで最大CPU、GPU共に83℃に達している。
現状では問題ないとはいえ、ファイナルファンタジーXIV以外CPUはあまりBenchmarkとは関係ないと思われるシーンでもCPUが活躍しているということは分かる。












*****************************************************
OCCTによるIdeaPad Y510p
筐体冷却性能とインテルCore i7-4700MQプロセッサーの動作
*****************************************************






OCCTによって、最高負荷をかけた場合約6分弱でCPUの温度が93℃程度まで上昇して強制終了してしまっている。

このことから、CPUに関する冷却が多少弱いのではないかという疑問も湧くが普通に使っている場合は影響ないかも知れない。











******************************************
IdeaPad Y510pを使ってみての感想
*****************************************

IdeaPad Y510pは、限られたスペックの中でいかに高性能に作動させるかと考えられたミドルタイプのゲーマーパソコンではないかと思う。
ノート型ゲーマーパソコンには、おどろおどろしいような形状のゲームに特化したようなものもある。その一方で普通にまとめられて、ゲームだけでなく動画編集にも画像編集にも耐えられる高性能ぶりをしめしている。

このIdeaPad Y510pの発売当初は、ゲーマーパソコンらしい価格帯をしていた。ところが今は【限定クーポン】など発行されて、実に買いやすい価格帯になっている。


↓↓↓↓詳しくは、メーカー直販サイトにて再確認していただきたい。






<iframe allowtransparency="true" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2775002&amp;pid=882524970" marginwidth="0" frameborder="0" height="90" scrolling="no" width="728"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2775002&pid=882524970"></script><noscript></noscript></iframe>



************************
概要及びレビューの目的
************************

タブレットには、Android型とWindows型とがあって、Windows8.1などを搭載しているWindows型のタブレットの方が上位機となる。
今回は、その上位機であるWindows8.1を搭載して、しかもOffice Personalが付属するという普通のパソコン並みに使えそうな人気のタブレット。
この「Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド」についてレビューをしてみたい。

尚、タブレットは販売店からの借用品である。










**************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド
の仕様
**************************************




■OS:Windows 8.1(32ビット)
■CPU:インテル? Atom? プロセッサー Z3740D(2M Cache, up to 1.83 GHz)(1.33GHz、4コア)
■メモリー:2GB シングルチャネル DDR3L-RS メモリ (1600MHz)
■ハードドライブ:64GB eMMC HDD(実機はSAMSUNG)
■プロセッサー・グラフィックス:Intel? HD Graphics
■ディスプレイ:8.0インチIPSディスプレイ(1280 x 800、10-pt 電容量式タッチ)
■内蔵Webcam: 120万画素 HD ウェブカメラ (フロント) / 500万画素 (バック)
■ワイヤレスLAN:デルワイヤレス 1538 デュアルバンドd 2x2 802.11n WiFi + Bluetooth? 4.0
■プライマリバッテリ:2 セルバッテリ(18Whr、 4830mAh)
■ポートとコネクタ:Micro-AB USB 2.0(トリクル充電およびデータ転送)x 1
ヘッドフォン/マイクロフォンコンボジャック x 1
■最小重量: 395 g/0.87ポンド(カタログデータ)
■サイズ:9.0×216×130mm




















****************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・
Office Personal付・レッドの外観
****************************************





Dell Venue 8 Proは非常に質感が高く、液晶も見やすい。
しかしながら外部コネクタとしては、Micro-AB USB 2.0しかない。
これは本来充電用に使われている端子。



このDell Venue 8 Proはカタログに書かれている通り「USB(microB to A)変換アダプター」を使えばUSBキーボードなどが接続できる。キーボードなどはBluetoothでも接続可。
それが出来ない場合は、スクリーンキーボードなどが使える。

























*************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・
Office Personal付・レッド起動時間測定
*************************************




Dell Venue 8 Proのコールドスタートは、約13.8秒と非常に速かった。
又、いつもおこなうMicrosoft Assessment Consoleでのテストは、Atom? プロセッサーでは無理なのでおこなっていない。




*****************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド
グラフィックカード性能
*****************************************

Dell Venue 8 Proは、プロセッサー・グラフィックスIntel? HD Graphics を使っている。
この性能は、たいしたことはないのだが確かめるために「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmarkをとってみた。
結果は、キャプチャー写真のようにいずれの設定でも「動作困難」であった。











******************************************
Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド
を使ってみての感想
******************************************

Windows8.1搭載のタブレットとなると、Android型とは大幅に感覚が違って、もう仕事に使えそうなパソコン並みの感じが近くなる。
特にこの「Dell Venue 8 Pro (64G)・Office Personal付・レッド」は、Office Personal付とあるようにMicrosoftのOfficeがつく。
この8インチのタブレットでエクセルやワードを使うとなると、オプションのキーボードかBluetooth対応のキーボードが必要になる。
新たにキーボードを新調するのは面倒と思われる場合は、「USB(microB to A)変換アダプター」を購入してUSBキーボードにどを繋ぐことが出来る。

そういう場合には、携帯性が犠牲になるから持ち出す場合は閲覧などに限られるかもしれない。                           
使い心地は、起動も速く液晶画面も8インチのIPS液晶なので非常に見やすい。
インテル? Atom?プロセッサー Z3740D 搭載でサクサク動くので、Android型タブレットではスマホ並みにしか使い道がない・・・と思う場合には最適かもしれない。
*****************************
特にWindows8.1搭載Office Personal付なので、相対的にAndroid型タブレットに比べて激安と言うところがミソでもある。



******** 興味がある場合はDellのサイトで確認のこと*****

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

デル株式会社





デル株式会社



デル株式会社






************************
概要及びレビューの目的
************************

レビューをするDell Graphic Pro のInspiron 17 7000シリーズ(プラチナ・タッチパネル)とは、どういう性格のパソコンなのか。今回はこのスタイリッシュなパソコンの特性を種々の検証ソフトで調べてみた。
このInspiron 17 7000は、「Dell Graphic Pro」であるから、NVIDIA? GeForce? GT 750M 2GB DDR5というグラフィックカードが使われている。
このGeForce? GT 750Mというのは、ゲームをするには最低限の要素を持つと言われてそこそこゲームが出来てしまう。
その一方で、Core? i7-4500Uという省エネ型(超低電圧版のCPU)のためにどういう挙動をするのかをOCCTで検証する。
又、この超低電圧版のCPUは、バッテリーの持ちが良くなるはずでこのバッテリが使える長さを「Microsoft Assessment Console Battery run down with energy efficiency diagnostics」で検証した。
尚、レビュー機は販売店からの貸出品で、貸し出されたときに前の使用者によってインストールされたソフト、ファイルなどがあり、PC設定もオリジナルと違っていた。
それでWindows 8の機能であるPCリフレッシュを使い、インストールされたソフトや設定をオリジナルに戻して検証した。
(PCのRecoveryはしないというのが大方の約束なので・・・)


**************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)
 17インチ大画面高性能ノート(タッチパネル対応)の仕様
**************************************




●OS--Windows 8 64ビット
■CPU--第4世代インテル? Core? i7-4500U プロセッサー (4M キャッシュ,動作周波数1.8 GHz ターボ・ブースト利用時の最大周波数 3.0 GHz・ 2コア/4スレッド)(Launched)Haswell(最大メモリーサイズ16GB)
■マザーボード-:
●メモリ-16GB(8GBx2) 2 DIMM DDR3L メモリ (1600Mhz)(実機はMicron製)
■HDD-1TB SATA HDD (5400回転)(WD)
●ドライブ--トレイロード式 内蔵DVDスーパーマルチドライブ
●グラフィックカード;NVIDIA? GeForce? GT 750M 2GB DDR5
■ディスプレイ;17.3 インチ Truelife フルHD タッチパネル ディスプレイ (LEDバックライト採用、1920 x 1080)
●カードリーダー : マルチメディアカードリーダーデジタル(SD)メモリカード
セキュアデジタルカードHigh Capacity(SDHC)、SD拡張容量(SDXC)、UHS(50 MB/秒)対応
●LAN;インテル? デュアルバンドワイヤレス-N 7260 2x2 AGN + Bluetooth 4.0
■電源;58 WHr, 4 セルバッテリ (内蔵)
●マカフィー? リブセーフ (12ヶ月間更新サービス)、12ヶ月間マカフィー? アンチセフト付き
■USB 3.0×4(1個はPowerShare対応)、HDMI(v1.4a)出力×1、ヘッドフォン/マイク入力ジャックコンビネーション、ケンジントンセキュリティロック、AC電源入力、1.0 MPワイドスクリーンHD Webカメラ
■Adobe? Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 11, デジタルデリバリー
(Web掲載モデルは。最新版Ver12に更新されている。)
*************
■Aluminum液晶バックカバー (シルバー, 非タッチ構成用)
●寸法(仕様書による)412.4×27.7×269.4mm
※タッチディスプレイを含めた最小重量(3.29 kg)

*********************************************************
その他の詳しい情報はこちらりPDF(Dell Webサイト)を参照。








*********************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズの外観
(プラチナ・タッチパネル)
*********************************************

Inspiron 17 7000シリーズは、タッチパネルであって非常に輝度が高く綺麗な液晶である。
又、筐体(きょうたい)もアルミ素材を多用したいわゆる「銀パソ」である。
筐体の厚みは、カタログデーターだと27.7mmとある。突起物がない部分を計ったところ写真の通り約25mmであった。



ノート型パソコンとしては、大きく重いものであるので、部屋から部屋へ持って行くのは可能としてもいわゆる据え置き型である。









キーボードは、Inspironシリーズ共通と思われる仕様でバックライトにもなっている。
以前のInspironシリーズでも述べたように英語版から日本語キーボードになったために、右端の「Enter」「Back space」が小さくなりキーボードには慣れが必要である。
かつテンキーボードと隣接しているために、「NumLock」キーを押してしまうことがある。




又、日本語キーボードで多用するFキーはFnキーを同時に使わなければならず、直接入力をするためにはBIOS設定が必要である。
その他多少気になったのは、据え置き型と言うことで液晶モニターをつなげることも多い。その場合、筐体の都合もあるがHDMI端子だけなのが惜しい。

その他、大型ノートなので過不足というものはほとんどない。












****************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズの
基本性能(プラチナ・タッチパネル)
****************************************



Inspiron 17 7000シリーズのCPUには、Core? i7-4500Uという省エネ型(超低電圧版のCPU)が使われている。
■この影響については、バッテリーの駆動時間に関しては概論で述べた様に「Microsoft Assessment Console Battery run down with energy efficiency diagnostics」で述べている。
■Core? i7-4500Uの挙動に関してはOCCTで検証して、Adobe? Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 11がどれだけ有効に使えるかを検証している。

■起動時間に関しては、「Microsoft Assessment Console Boot performance(Fast Startup)」によって検証して、おおよその起動時間を想定して検証している。

グラフィックカード;NVIDIA? GeForce? GT 750M 2GB DDR5
■このグラフィックカードに関しては、ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmarkその他で検証している。







*************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)起動時間測定
Microsoft Assessment Consoleによる
★Boot performance(Fast Startup)
*************************************




Inspiron 17 7000シリーズの起動時間は、コールドスタートで18.581秒だった。




Microsoft Assessment ConsoleによるBoot performance(Fast Startup)では、5.289秒であったので起動に18秒というのは妥当であろう。
又、グラフィックカードを搭載するこの手のノート型パソコンとしてはBoot performance5.289秒というのは一般的な数値である。



■Suspend継続時間は、2.928秒で立ち上がりは早い方である。



**************************************************
Microsoft Assessment Consoleによる
★Battery run down with energy efficiency diagnostics
( エネルギー効率診断を含むバッテリーの寿命テスト)
**************************************************



Battery run down with energy efficiency diagnosticsは、ソフトが満充電になったのを確認してから実行される。
そして、電池残量が5%になったところで終了する。
今回は、5%到達後に直ぐに電源が切れたようで次のタスクが始まっていない。
従い、Battery run down with energy efficiency diagnosticsの数値だけで予測した。
これによると連続約6時間の起動が可能で、省エネ型(超低電圧版のCPU)の効果が現れている。





デル株式会社



**********************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)
NVIDIA? GeForce? GT 750M 2GB DDR5
グラフィックカード性能
**********************************************



■HeavenBenchmark
FPS 12.4
Score 311
以前に
NVIDIA GeForce GT 750M(10)
NVIDIA GeForce GT 740M(6.4)
という数値が検証した数値がこんなものなので、かなり性能が上がっている。


■ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア ベンチマーク キャラクター編」のBenchmark







標準品質(ノートPC1980*1080)・6647・・・とても快適
高品質(ノートPC1980*1080)・4622・・ 快適
最高品質(1980*1080)・・・3395・・・やや快適

HeavenBenchmarkが思ったより高かったのと呼応して、FF14のBenchmarkも多少高かった。
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズのNVIDIA? GeForce? GT 750M 2GB DDR5は割合性能が良いようだ。






*****************************************************
OCCTによるDell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)
筐体冷却性能とインテル? Core? i7-4500U プロセッサーの動作
*****************************************************





■OCCTによる検証は、筐体性能とCPU動作を確認するために1時間オートで検証したものと約30秒(28秒)間動作したものの結果を見てみた。

28秒作動させたものは、ターボブーストにより急激にCPUのクロック数が上がっていることが分かる。
これに伴い、CPUの温度上昇とメモリー使用量が上昇している。
そして、30秒で一挙にCPUのクロック数が定格の1.8 GHzに戻りそのまま稼働している。




そのために、CPUの温度はあまり上がらず放熱効果が弱いと思われるようなInspiron 17 7000シリーズの筐体でも充分であることが分かる。












******************************************
Dell Graphic Pro Inspiron 17 7000シリーズ
(プラチナ・タッチパネル)を使ってみての感想
******************************************





Inspiron 17 7000シリーズは、思ったよりグラフィックカード性能(NVIDIA? GeForce? GT 750M 2GB DDR5)がよい。しかしながらデスクトップ用のNVIDIA? GeForce?GTX650に及ばない。従って、ゲーマーパソコンとしては力不足である。
このパソコンには、Adobe? Photoshop Elements & Adobe Premiere Elements 11がインストールされて使える仕様になっている。(デジタルデリバリー)




ここでAdobe? Photoshop ElementsでRAW現像するのには過不足ないとしても、Adobe Premiere Elementsで高度な動画編集(レンダリング)は荷が重いかもしれない。
その理由は、2コア/4スレッドであり超低電圧版のCPUであるために負荷が大きくなると定格の1.8GHzでしか機能しないからである。
このことは、OCCTの結果で分かるように、長時間ハードな作業でも発熱は低いが性能的には落ちることになる。
又、ハードウェアエンコードはNVIDIA? GeForce? GT 750Mぐらいでは事実上使えない。
                     
但し、近年のAdobe Premiere Elements 11は詳細編集を主に行う設定ではなく、インスタントムービーやクイック編集(簡易編集)をしやすい設定になっているのでこの程度ならストレスなく可能かもしれない。


*******************
このクラスのタッチパネルは快適で、Windows8に慣れない人でも使いこなすことができる。重作業にはあまり向かないかもしれないが、簡単な画像編集などを含め、液晶も綺麗なのでDVDを見たりするのには良いかもしれない。




デル株式会社



デル株式会社

↑このページのトップヘ