パソコン関係

DELLにプリインストールされるAdobe Premiere Elementsは本当に使えるか



DELLでは[20周年大感謝セール]ということで、アドビの写真・ビデオ編集ソフト(Adobe Photoshop Elements 10 & Adobe Premiere Elements 10)という旧版のAdobe Premiere Elementsソフトをインストールしたパソコンを販売している。
そのAdobe Premiere Elementsは今Ver11になっていて、 小生のパソコンにはAdobe Photoshop Elements 11 & Adobe Premiere Elements 11がインストールしてある。



このVer11になってインターフェイスが大幅に変わっている。Adobeでは「使いやすい直感的なインターフェイス」と名乗っているものは、いわゆる「ツンデレ」タイプというものである。
要するに、ソフトを起動させると操作盤というのが見当たらない。操作をするのに何を探すのかということを知っていないと何も手が付けられない代物である。



逆に言うと、操作盤を引き出すものを知っていれば妙なボタンなどが見えていないのでやりやすいと言うことになる。
それはそれでAdobe Photoshop Elements 11 の方は便利に使っている。
その一方でAdobe Premiere Elements 11はどうかと言えば、起動させてびっくりものであった。
複雑な編集というのは、種々のポケットに入ってしまっているのでそのキーワードを知らないと全く手がつかない。
そして、今までのストーリーボード形式というのが「クイック」になり、従来のタイムラインで編集するのが「エキスパート」になっている。



それでこの「エキスパート」でも今までに比べてかなり簡略化したような感じでどうも使いこなさないと詳細設定はどこまで出来るのかは不明。
Adobe Premiere Elementsのガイドを見ると「インスタントムービー」を宣伝している。
よくよく見てみれば、動画編集に慣れた人ぐらいしか使えないかもしれない。

そんなわけで、ここのところはCyberLink PowerDirector 11 Ultraでしかビデオ編集はしていない。
多少操作してみたところAdobe Premiere Elements 11も従来から見れば使いやすくなっているものの、Smart Soundは既にプリインストールされていた。



PowerDirector 11 Ultraに比べると使えるトランジションの数が少なく、アニメーション文字の動作も限られている。
そして、レンダリングしないと実際の動作が判らなかったりする。
Adobe Premiere ElementsもVer 11になって、最初に形式を選んでプロジェクトの保存をしなくてよくなった。
そういう部分がなくなったというのは、ビデオの形式を誤ってうまく編集出来なかったりということがなくなった。



プリインストールされているVer10は、まだまだ神経質なところがあって最初に起動するところでどの様選択するかだけでめげてしまうかもしれない。



いずれにせよ、Adobe Photoshop Elements 10 & Adobe Premiere Elements 10は使い慣れないとかなり難しいソフトで、プリインストールされているから簡単に使えるという代物ではない。そして、Windows8でどのようにソフトが反応するのかを未だ試しているという人は見当たらない。








サイバーリンク







デル株式会社




icon
icon

Windows8 Pro(優待購入プログラム) アップグレード版、BackupDVD到着


Windows8優待購入プログラムでWindows8 Pro を安く買った時に、1,589円でバックアップDVDを注文しておいた。発送はドイツからということになっていたのだが、送られてきたのは香港から。それでも二週間かかった。
優待購入プログラムだったので、約2,000円だったDVDを入れても3,209円という値段だった。



実際は、すでにDVDを焼いたので必要もない感じだがここは実験である。それで送られてきたものは32と64ビット版の二種類。
これなら製品版と変わらない。



Windows8優待購入プログラムを使うなら、バックアップDVDを買うのはおすすめだが3,300円出して買うとすると製品版の方が安く買える場合もあるかもしれない。


そして最近気がついたのは、「Windows8優待購入プログラム」を使うのはシリアル番号を入れるというようにかなり厳しくなった。
しかし、買った時期を示せということでもないから、今までと同じといえば同じかもしれない。












<iframe allowtransparency="true" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2775002&amp;pid=881440293" marginwidth="0" scrolling="no" width="468" frameborder="0" height="60"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2775002&pid=881440293"></script><noscript></noscript></iframe>


 





Wireless Rechargeable Touchpad t650とタッチパネル(HP ENVY x2)、ポインティング・デバイス



Windows8の先週のWindowsアップデートの不具合連発からこの3連休では不思議なくらい今は安定している。
それでもノート型パソコンの場合、マウスポインターの動きが悪いと思っていたら「Windowsアップデート」の実行中。毎日修正プログラムが入っているというのが現状である。



先週にWindowsアップデートで「Bing デスクトップ」が選択できるようになった(12/13)。


【お知らせ】Bing デスクトップの新バージョンが日本語にも対応、Windows XP以上の全Windowsバージョンで利用可能に


http://www.bing.com/community/site_blogs/b/jp/archive/2012/12/14/bing-windows-xp-windows.aspx

実を言えばこの「Bing デスクトップ」がWindows8のスタート画面を出さないMicrosoftからの回答であるようだ。
(Windowsと同時にBing デスクトップを起動する**を選択)
画像をクリックするとフル画面になるのは、関連づけを変更すればWindows7と同じようになる。だからWindows8 sp1が出るまでこういうことで凌げというのかどうかはわからない。ちなみに、「Bing デスクトップ」はWindows7には入れてみたが、Windows8には使っていない。



標記のTouchpad t650とHP ENVY x2のマルチタッチに対応タッチパネルと比べると、t650は所詮「ポインティング・デバイス」である。

★「ロジクールのモニターに参加」してLogicool Wireless Rechargeable Touchpad t650を試しています★

しかも、最新のノート型パソコンの「ポインティング・デバイス」は、タッチジェスチャー対応であるし、富士通のノート型パソコンに至ってはWebカメラで手の動きを検出して「タッチジェスチャー」にも対応する。
このノート型パソコンの「ポインティング・デバイス」は、パソコンメーカーによって敏感に反応するものと誤動作を避けるために多少反応がよくないものもある。
写真の多機能型ノートパソコン「HP ENVY dv7-7200」ではTouchpad t650と同じくらい反応がよい。しかし、Windows8の基本操作までしか出来ない。



HP ENVY dv7-7200 機能の詳細
icon





Rechargeable Touchpad t650は、セットポイントSetPointというLogicoolのソフトによってカスタマイズできる。
Unifyingレシーバーで、複数のLogicoolのマウスやキーボードを使っているとこのSetPointからRechargeable Touchpad t650の設定項目が出て来ないことがある。



これは、プルダウンを利用してマウスとTouchpadを選択することになる。



いずれにせよ、ノートパソコンだとTouchpad t650とマウス、ポインティング・デバイスと使う要素がありすぎてということになる。
但し、Windows8に「Bing デスクトップ」を使うとWindows7の様になるので思ったほど使わなくなるかもしれない要素もある。

HP ENVY dv7-7200 デザイン
icon







HP ENVY dv7-7200 エンターテインメント
icon




LOGICOOL ワイヤレス 充電式 タッチパッド T650




<iframe allowtransparency="true" marginheight="0" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/htmlbanner?sid=2775002&amp;pid=881440293" marginwidth="0" height="60" frameborder="0" scrolling="no" width="468"><script language="javascript" src="http://ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=2775002&pid=881440293"></script><noscript></noscript></iframe>












Fans:Fans








icon
icon















icon
icon

セキュリティソフト・Nortonノートンの場合



近年市販のパソコンを見ているとNortonの製品がプリインストールされている場合が多い。
これはNorton Internet Security(ノートン インターネット セキュリティ)という製品で、近年セキュリティソフトの主流となりつつあるデーターバックアップ(オンライン2GBまで)やPCチューンナップの出来るものになっていない。
ノートンでは、この「データーバックアップ」や「チューンナップ」の出来るものは、ノートン360になっている。

ノートン 360 マルチデバイス









「ノートン インターネット セキュリティ」というプリインストールされたセキュリティソフトを使ってみると、あまりに高性能の部分があったりして知らないで使わないということが多い。
中には「個人情報保護 ノートンIDセーフ」というクレジットカード番号などを記憶させて自動的に入力できるものがある。
しかし、別のユーティリティソフトで同じ機能を持つものをインストールしてあるものの使ったことがない。(入力できないサイトもあり。)
それは、よく使うサイトでは事前にクレジットカード番号などを登録しておくということから来ていて、新規に入力するというときはノートンで危ないかどうかは確認できる。







こんな風に多機能なのだが、結構使わない項目もあって知らず知らずのうちに保護してくれるというのがこのノートンだろう。

いずれにせよ、やたらと制限を加えてネット環境を使いにくくするというのでは意味がない。







ただし気になったのは、「クッキー」を食ってくれることである。
クッキーとは、ご存知の通りビスケットではなく、ネットに繋がったかどうかと言う履歴を表すもの。
サイトによっては、この「クッキー」が有効でないと不都合なことが起こることがあって注意を要する。
特にアフィリエイトなどをやっている人には鬼門かもしれない。






その他、ノートン インターネット セキュリティなどを使っているといずれ使用期限が切れる。
そんなときに、ノートンから直接に更新するのではなく「ノートン360」(ダウンロード3年版)などにするとかなりお得。
なんと言っても3台までインストール可能だからである。
ノートン 360 マルチデバイス



ノートンモバイルセキュリティバナー





ノートン体験板バナー






ノートン 360 マルチデバイス




リンクシェア レビュー・アフィリエイト



McAfeeマカフィー オール アクセスをWindows8に入れて見た



パソコンの一部がWindows8になったのでマカフィー オール アクセスを入れてみた。
(画像は、マカフィー オール アクセス・トータルプロテクション。)
マカフィーは、インテルの完全子会社であると謳われている。
このマカフィー製品のマカフィー オール アクセスパッケージ版は、シリアル番号が記載されたカードが一枚入っているだけ。




マカフィー・ストア







それでインターネットを通じてソフトをダウンロードするという方法でインストールする。特にマカフィー オール アクセスは、1ユーザーが無制限にインストール出来るという製品。
又、スマートフォンやタブレットにまでインストール出来、こちらでは迷惑電話の着信拒否や、SMSの着信拒否が出来る。
それでとにかくインストールしてみた。





2013年版から「新デザイン」となって、非常にわかりやすい画面である。しかも動作が軽くてWindows8対応であるので不都合はない。







又、「脆弱性スキャナー」というパソコンのアップデートを促すものもあって便利であった。
「無線LAN保護」、「迷惑メール対策」、などは今まで通り。





その他「クイッククリーン」というユーティリティもあって、ウィルス検索ソフトだけではない。
こんな訳でどこをどういう風に迷うと言うこともない。



ちなみに今マカフィーでは、大バーゲンセールをやっていてどこで買うよりWebページで買ってしまうのが安い。



マカフィー・ストア








マカフィー・ストア





リンクシェア レビュー・アフィリエイト

↑このページのトップヘ