半島がらみの不祥事が語られないフジ「知りたがり!」のポスト菅

たまに休みの日にTVを見ていると妙な番組というものにぶつかる。
それは、フジテレビの平日午前中9時55分からやっている「知りたがり!」という情報番組。Webサイトを見るとあの似非韓流ブーム批判に対して、フジテレビ擁護を繰り返していたロンブーの「田村淳」が中心レギュラーであった。
こういうのを見透かされると「田村淳」というのは、所詮お仕事を干されないように自分を守った単なるバカだと言う事がよく分かる。
2011/08/16のメール投稿募集は=「ポスト菅レースの課題」について=と言うこと。」

番組では、「ポスト菅レース」について説明した。しかし、その論点は焦点をぼかして、いわゆる新聞やTVで報道されている上辺だけの情報に終始していた。
伊藤キャスターは、菅総理退陣に対して「いぜんは菅総理でもよかったのではないかという話しもありましたが」と言うような妙なこと言う始末。
実際は、番組で問題点として菅総理が「いつ辞める」ということを明言していないことであると言う。
それは、正しいことなのだがなぜ菅総理が「辞める」と言い出したのかという事に対して何も論じないのは実に妙なことである。
本来3月に外国人による違法献金問題で退陣する間際だったのを大震災で逃れ、その後「大連立」と読売新聞が叫び、家電芸人にも「大連立」を連呼させて煽ったものの所詮あだ花に終わり。今度は原発停止というポピュリズムに乗って安全と見られる最新の浜岡原発を停止。散々東日本大震災の復興の邪魔ばかりして来たのが菅総理であったはず。
それでも居座ったのは米国の言う事を聞いていれば、「米国が支持してくれる」ならば総理でいられるということだったらしい。
事実として聞こえてくるのが、鳩山前首相が退陣したのが米国の支持を得られなかったからと言われているし、新進党の細川元総理が退陣したのが米国からの批判だった。
そういうことからして菅総理が退陣表明したと言うのが米オバマ大統領との会談が難しいという話しからである。

米国としてもレイムダックになった菅首相と会談してみたところで意味は無いし、しかも北朝鮮との関わりが濃厚になったと言うことが国会で証明された。
会談しても、情報が北朝鮮や中国にそのまま筒抜けであれば会談をする意味が無い。
そういった背景から見れば、「ポスト菅」というのは外国勢力との繋がりのない人達でなければならない。
考えてみれば、竹島が韓国に「不法占拠」されてると言う表現は外務省の公式発表で書かれている。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/
竹島の領有権に関する我が国の一貫した立場
1.竹島は、歴史的事実に照らしても、かつ国際法上も明らかに我が国固有の領土です。

2.韓国による竹島の占拠は、国際法上何ら根拠がないまま行われている不法占拠であり、韓国がこのような不法占拠に基づいて竹島に対して行ういかなる措置も法的な正当性を有するものではありません。

    ※韓国側からは、我が国が竹島を実効的に支配し、領有権を確立した以前に、韓国が  同島を実効的に支配していたことを示す明確な根拠は提示されていません。
(外務省)
と書かれているのに、「不法占拠」という言葉を拒否して発言すらしない、岡田幹事長、(元外務大臣)、元前原外相も「不法占拠」という言葉を拒否。
お笑いなのは、江田五月法務大臣。
竹島の「不法占拠」と言う言葉を拒否するも「不法‥」と言いそびれて「失礼」と韓国に誤る様子が国会答弁で披露された。

こんな日本人をないがしろにして外国人に気を遣う人物が国会議員である必要もなく、まして総理の器でもあるまい。
そして海江田万里経済産業相というのは、万里が中国好きから名付けられた人物で、日本より中国大好き人間。おまけに自身の退陣についてタイミングを誤り続け政治感覚がないことが明らか。
所詮辞めると言いながら大臣を続けていたかっただけと言うのが真相であろう。

それにしても、フジテレビでは日本国旗ですらまともに掲げられないテレビ局となって、韓国、北朝鮮絡みの不祥事というのはタブーなのかも知れない。

そうであれば、この「知りたがり!」で半島がらみの件が一切論じられないと言うのが良く分かる気がする。